11月6日(日)愛・地球博記念公園モリコロパーク地球市民交流センターにて、

愛知県主催の水のイベント「あいちの水道・なるほど教室」シンポジウムに出演させていただきました。

久しぶりに懐かしの仲良しと一緒でした。てっちゃんこと、鉄崎幹人氏とは、若い頃、テレビ番組で一緒に出演してたり、CD「だ・が・ね」でも一緒に歌ってたコンビのような仲で、お兄さんのような存在です。

今では同じ年頃の子どもを持つ親となり、お父さんお母さんの立場で、また一緒に少子化対策のラジオ番組などすることもあったり、

現在はアウトドア自然派タレントとして活躍しているてっちゃんですので、

今回は、その活動から「水」の大切さを一緒にトークでき、

現在の私の活動である「コップなごや水基金」や「JICAでの途上国支援」の活動と繋がり、とても有意義なイベントとなりました。

そして真ん中に写っているのは、コンペに強いプランナー企画運営制作の「宣伝広告」の後藤ちゃんです。

こちらも昔からの仲良しで、今回のイベントのコンペも勝ち取ってくれた熱い男!

今日のイベントを成功させて、後藤ちゃんの顔がたつようにと、思いがこもりました!

 

シンポジウムでは、

蛇口をひねればいつでも出てくるお水を私たちは毎日いただくことができるのですが、

これは多くの方々の優しさと知恵と苦労の賜物なのです。奇跡的なこと。

世界中では多くの人たちがお水がなくて命を失っています。

自然からの恵みであるお水にちゃんと感謝して大切に使うために。

今一度お水から、環境のこと、地域のこと、社会のこと、世界のこと、考えてみましょう~!!

「コップなごや水基金」のお話もたっふりしました!

「あいちの水道 ふれあいフェスタ」は5日・6日の2日間開催され

私たちのお水の源である流域の皆さんによる特産品の販売など、盛りだくさんの2日間でした。

http://www.pref.aichi.jp/0000045356.html

2011.11.5 原田さとみ

Date:2012.03.15 | 02:50