さぁ、こんな風にしてとっても濃い一日になった今回の加子母ツアー。

夜は地元のお店で鶏ちゃんをいただきながら意見交換。

 

 

このプロジェクトの現地担当をしてくださってる内木さん。

笑顔の素敵なやさしい方です。

 

加子母のためにわたしたちができること、伺いました。

「ここでの一番の問題は林業を担う人が少なくなってきていることです。

輸送する労働力もそんなにあるわけではないので、

間伐材を使った製品・・・何か小さくて軽くて運ぶのが簡単なもの、

そして付加価値が高く、お年寄りへお金がまわるような物を

名古屋で売ることができれば良いのですが。

そして若者が戻って来る仕組みができればうれしいですね。」

 

この言葉をヒントに知恵を絞り合いました。

 

これが形になる際にはまたお知らせしますので、

どうぞご期待ください!

 

Date:2011.02.14 | 22:04