120612_121633

フランス料理のエル・ダンジュ名駅店さんにて、「コップなごや水基金」のランチイベントを開催予定です。8月下旬を予定しています。今日は丹羽グラン・シェフとイベントの打ち合わせ。こちらエル・ダンジュさんはとっても素敵なフレンチレストランです!イベントでは、「コップなごや水基金」で支援しています加子母村産のお野菜や食品を使ったフレンチをいただきながら、お水のお話し、加子母村の森のお話し、音楽の演奏も楽しんでいただき、加子母村の道の駅やエシカル・ファッションやフェアトレード商品などのマルシェも登場します!ご家族で楽しんでいただける夏のフレンチイベントです!お楽しみに!

Date:2012.06.13 01:06

 

さぁ、こんな風にしてとっても濃い一日になった今回の加子母ツアー。

夜は地元のお店で鶏ちゃんをいただきながら意見交換。

 

 

このプロジェクトの現地担当をしてくださってる内木さん。

笑顔の素敵なやさしい方です。

 

加子母のためにわたしたちができること、伺いました。

「ここでの一番の問題は林業を担う人が少なくなってきていることです。

輸送する労働力もそんなにあるわけではないので、

間伐材を使った製品・・・何か小さくて軽くて運ぶのが簡単なもの、

そして付加価値が高く、お年寄りへお金がまわるような物を

名古屋で売ることができれば良いのですが。

そして若者が戻って来る仕組みができればうれしいですね。」

 

この言葉をヒントに知恵を絞り合いました。

 

これが形になる際にはまたお知らせしますので、

どうぞご期待ください!

 

Date:2011.02.14 22:04

 

加子母には100年くらい前から味噌を作るための糀室の作業所があります。

以前はあちらこちらにあったけれど、今は中桑原区、万賀区、角領区にあるだけ。

それでもここの人々は昔からのやり方を今でも守っています。

 

 

 

ここは共同作業所なので、各家からここへ原料と手間賃が持ち込まれ、

室番が作業を請け負います。

 

 

まず大豆を炒って粉に挽き、大豆を一晩水に浸けます。

その後、大豆を茶篭で蒸し、糀菌をふった大麦粉を大豆にまぶしたら、

それをロジに盛り込み、

 

 

炭で暖めた糀室(写真)にロジ(四角いせいろ)を入れます。

 

冬に寒い雪の世界から糀室へ入って来ると

とても暖かくて気持ちが良いのだそう。

 

 

次の日は手入れを早朝と昼の2回行い、

そのまた次の日、1日寝かせて糀菌を繁殖させます。

 

 

そうすると6日目にはこの状態に。

室から出して豆糀をロジから外して、各家に渡して室番の仕事は終了です。 

 

 

 

 

この最後の過程、豆糀をロジから外す作業をやらせてもらいました。

 

 

これを持って帰って、水と塩を加えて一年面倒を見ます。

ようやく、次の冬に完成。

 

 

去年作ったメンバーは自分が育てたお味噌を持参で味を見てもらいました。

さとみさんのお味噌おいしかったですよ♪

 

わたしのも、今年おいしくできるといいなぁ。

それにしてもお味噌って手間がかかるんですね。

  

 

そしてこんな仕組みが村の中で100年間も毎年毎年継がれてきたことが

すごく素敵ですよね。

 

みんなの一年分のお味噌やたまりの出来がかかっているから

室番の責任は重大です。

それを信頼して、任せる村の人たち。

 

いろんな人の手で大事に育てられたお味噌はどんなにおいしいことでしょう。

こういう一つひとつの過程を噛みしめることができることが

現代にとっては何よりの贅沢なような気がします。

 

Date:2011.02.14 21:51

 

中津川から車を走らせて40分くらい経った頃、辺りはふかーい雪景色に。

担当の善田さんは東京から来て、8年ほど経つけれど、

今年は久しぶりに加子母の冬らしくなってる気がすると話してくれました。

 

「私が来た頃、加子母の冬はいつもこんな風に雪深くて、

春の気配というのを敏感に感じていたんです。

気温が少しずつ上がってきて、雪がとけてきてくるのが

本当にうれしかった。春が来るのがこんなに嬉しいなんて

それまで知らなかったんです。

 

でもここ3,4年そんなに雪が降っていなくて、

加子母の冬らしくないなぁ、と思っていたけど、

今年はまた加子母の冬が戻ってきたようが気がしているんです。」

 

 

 

加子母は善田さんのように、

他の地方からのアイターンを受け入れていたり、

若手芸術家を家賃・地代無料で受け入れるアーティスト村というのがあったり

(ちなみに川名くんはプライナスでライブに来たこともあったらしい)と、

すごく進んでいる。

 

・・というか、

大切なことをみんながわかっていて実行している村なんだな、と思った。 

そんな村とコップなごやが繋がっているってうれしい!

 

 

そんな話をしているうちに、乙女渓谷キャンプ場へ到着。

ここから車を降りて歩きます。

 

 

 

かわいいコテージがたくさんあったので、

夏は泊まりに来たいね。

 

 

まわりの景色はどんどん雪深くなってきても、メンバーのテンションはこの通り。

上がりっぱなしです。

 

 

先頭を行く善田さんの笑顔も素敵。

 

  

お、川が見えました。

これが飛騨川に流れ、木曽川につながっているんですね。

  

  

 

ついに乙女渓谷へ到着。

足元の水の流れは凍って柱になってました。

 

 

渓谷の水はとってもとっても澄んでいました。

写真でもこんなにはっきり下の石がわかるくらいに。

 

この冷たい水が、幾分かの距離を流れ、

幾分かの時間を旅して、名古屋までやってくる。

 

コップの中についで、飲んであげられたらいいけれど、

その瞬間出しっぱなしにしちゃって、

せっかくここまできたのに流れていっちゃったらかわいそう。

 

そんな水のことをとても愛おしく思い、

大切にしたいと心から思えたのです。

 

 

ちゃんと、この流れを意識して、水を飲みたいし。

その流れを守ってくれている全ての過程と人に感謝したい。

 

この活動をお手伝いできて本当にうれしい。

 

 

帰り道、子どもみたいにはしゃぐメンバー。

 

 

 

ついには雪合戦になりました。

こんな楽しい気持ちで、活動続けていきたいですね。

 

 

今度、お店でコップに注がれたお水を飲むときに、

この写真の風景がちょっとでも目に浮かべばうれしいです♪

 

Date:2011.02.14 21:08

 

先週末は原田、川名、空木と、

そしてコップなごやのデザインをやってくださっている小川さんの

4人で岐阜県は中津川にある加子母へ行ってきました。

 

コップなごや水基金は名古屋へ流れてきている木曽川のお水を守ろうというもの。

この加子母は木曽川の上流になります。

川の様子だけでなく、せっかくなので

町の様子や人々の生活の様子もご紹介していきますね!

 

加子母へ行く前に中津川で六斎市というのをやっていたので

立ち寄りました。 早速もちつき!!

 

 

川名くんも「よいしょ~」と言いながらついてます。

あれ・・掛け声って本人じゃなくて周りの人がかけるんじゃ・・(笑)

 

 

 

ついたお餅でおしるこを頂きました!

つきたてってこんなにふっくらしてておいしいんだなぁ・・。

 

ここで今日案内していただく中津川市役所の善田さんと合流。

今日はよろしくお願いします!

 

 

 

この辺りは風情のあるお店も多く、すやの本店で栗きんとんを買い、

更科という昔からあるお蕎麦屋さんでお昼をとることに。

 

 

 

更科は支店の方に行ったのだけど、

こんな感じに落ち着いて居心地がよかった~。

やさしいお母さんにも癒されました。

 

 

お蕎麦はクセがなく、のどこしも良くっておいしかったー!

お水がおいしいというのもきっと関係しているんでしょうね。

 

さぁ、この後はいよいよ川の上流まで行きます!

Date:2011.02.12 20:06
名古屋市中区千代田に昨年オープンしましたsora cafe2号店さんも「コップなごや水基金」の協力店となってくださっています。お店でご協力くださった、真心たっぷりの寄金がどっしりと、「コップなごや水基金」の募金箱に集まっていました。
ソラカフェのお客様は意識の高い方が多く、たくさんの方がご参加くださいました。感謝です!素敵なお店には、素敵なお客様が集まるのですね。
そしてこちらは、ソラカフェのオーナー若狭瑞樹さんです!お名前をよく見てみてください「みずき」さん。そうです、お名前の中に「みずききん」があるのです。びっくり!!これからの「水基金」の大事なパートナーとなってくださることと思います。
NEC_0571.jpg NEC_0571.jpg

さらに近々、ソラカフェ1号店(若宮神社の北側)と、ラシック地下一階のソラカフェさんでもコップなごや水基金のご協力を始めていただくこととなりました!カードと募金箱が設置されますよ〜。この水色の蛇口マークを見つけに3店舗あるソラカフェさんへGo!Go!

一歳のお嬢ちゃん「穂乃里」ちゃんには癒されましたよ〜。

sora cafe  http://www.sora-cafe.jp/

Date:2011.01.13 23:20

名古屋が誇る老舗の料亭「蔦茂」さんでは、時代に合わせた粋な計らいのお昼ごはんメニューがあるのです。敷居の高い料亭のお料理が、お昼はなんと2000円でいただけてしまうのです。由緒正しきお屋敷での素敵な時間を満喫させていただけますよ。おすすめです!蔦茂さんは、コップなごや水基金の協力店となってくださっています。テーブルに置かれた水基金のカードをご覧くださり、活動に賛同くださいました方々にご寄付をいただいいます。ぜひ皆様も蔦茂さんで老舗のお味をお楽しみいただきたいと思います。運がよければ、素敵な深田社長にお会いできるかもしれません!深田社長の素敵な笑顔と楽しいおしゃべりが私も大好きです!

料亭蔦茂 http://www.tsutamo.com/circle.html

Date:2011.01.12 23:18

今日は、コップなごや水基金のブランディングをしていただいていますグラフィックデザイナーの小川さんと、間伐材で作るスタンドのデザインの打合せで、ひつまぶしをいただいています。滴の焼き印が入って、粋なのが、出来あがりそうです。 この後は、その間伐材スタンド制作を担当してくれてます、モデコの水野くんと打合せ。コップなごや水基金のサポートメンバーの名前には、「川」とか、「水」とか入っていたりします!「原田」?には入っていないなぁ・・。 明日もコップなごや水基金の打合せもろもろや協力店の訪問をいたしましが、「川・水・海・流」などにちなんだお名前の方にどれだけお会いできるかな? 明日は、サポート重要メンバーに就任しました、空木マイカちゃんと一緒に回ります。

Date:2011.01.11 23:15

正しき方法で生産されている、人にも地球にも優しく正しい、と認められたFSCマークの木材で家具作りに励んでいらっしゃる(株)オリバーさんの主催で「環境セミナー・FSC森林認証材」をテーマにセミナーが開催され

日本で一番最初にFSCマークを取得さて、三重の大田賀山林という江戸時代から守っている美しい森林での理想的な森林管理を実現されている「速水林業」の速水社長さんと、

生きもの達の保護の視点からFSC認定の森林の大切さをメッセージされているWWFジャパンの橋本さんとともに

私目も登壇させていただき、先日視察してきました「3%にまで減ってしまったエチオピアで森林の危機」をJICAの手がける森林プロジェクトで改善しているお話と、

きれいな水は元気な森から「なごや水基金」のお話をさせていただき、

後半は先生方と3人で、トークセッションのナビゲートをさせていただきました。

「エコロジーはエロジジー」を提唱し、ご活躍の、神谷デザインの神谷利徳さんも駆けつけてくださり、さらに楽しい会となりました。

IMG_0001_13オリバーさんのモラルある心優しい製品作りの精神をお伝えすべく開催されました、このセミナーには、家具やデザイン・インテリア業界の企業の方々が多くいらっしゃっいました。

そんな影響力のある方々へ、お伝えしたかったことは、企業側が正しき素材を調達し、エンドユーザーにご提案するのは、地球市民とての責任ですということ。

世界中では森林がなくなって、不法伐採が進んでいます。安いからと買ってしまう紙や家具の、その陰には犠牲になっている貧しい方々がいるということ、そしてそんな持続可能でない伐採方法を続けていたら、土地が痛み、私たちの住む地球は再起不可能な大変なことになるということ。特に森林は私たち生きものにとってすべての大きな恵であること。

NEC_0085.jpg NEC_0085.jpg

なので手入れして森を守り、みんなで正しい方法で管理し、きちんと使うことが大事なことなのだ!ということ。

これは、他人ごとではなく、すべてが自分のことなのです。自分ゴトと思って考えましょう。行動しましょう。出来ることは、それぞれ皆さんにもあると思います。

企業が変わることって大きな力です!ってお話にまとまりました。

オリバーさんは、まさに素材を国内からも海外からフェアに調達していますので、家具のフェアトレードであり、まさにエシカル・ファニチャーの会社さんだなと思いました。

木材がFSCのマークがあるから良いのですだけでなく、オリバーさんの家具は美しいフォルムで魅力的デザイン力でクリエイトし続けてきている一流の家具を作っています。

だから、製品の背景のモラルのうんちくを語る前に、そのモノも持つデザイン力で消費者の心をつかむのです。それが企業としてもっとも大事なこととだと思います。

それがエシカルだなって思います。

Date:2010.10.08 23:14

本日10日の中日新聞の朝刊では、毎月第2金曜日に連載しています

「原田さとみのin my life」が掲載されているかと思います。

皆様、是非ご覧くさいませ。今月は、デンソーさんでのフォーラムのお話と、

フェアトレード&エシカル・ファッションショーのお話を書いていますよ~。

そして、私は今週末12日(日)からスイス&トルコへ仕事で出かけるのですが、

その渡航中に、テレビでの放送がありますので、お知らせさせてください。

・9月14日(火)夜9時54分~10時 テレビあいち 名古屋市広報番組にて

さかなクンと出演。

9月17日・18日・19日に栄の「もちの木広場」にて、名古屋市主催、私がプロデュースで開催されます「生物多様性屋台村 いのちの恵をいただきま~す」のことを私がさかなクンとお話しています。

9月18日(土)朝6時30分~ 日本テレビ「スームインサタデー」にて

SKE48のメンバーが私が世話人をしています「コップなごや水基金」のことをタイガーカフェとフランス屋台「クラブH」にて、リポートして、紹介してくれています。私もインタビューに出ています。

見てね~!

今日3時からは、テレビあいち「3時のつボッ!」の金曜レギュラー出演の日です。

(来週は、海外のため、お休みさせていただきます、ごめんなさい。)

そして今日の午前中には、「生物多様性屋台村」で流すビデオの撮影を行います。

実はこの名古屋市のイベントで私はプロデューサーさせていただいているのですが、この日が海外のため不在となってしまいました。

会場には、最後の夜にしか顔をだせませんので、ビデオ撮影して、生物多様性とフェアトレードのこと、お話させていただき、収録したものを会場で流すこととなりました。

皆様には、ご迷惑をおかけしっぱなしな私・・・、ほんとに温かい皆様にこうやって支えられております、感謝感謝の日々なのです。

みなさま、ほんとにありがとうございます。

Date:2010.09.10 22:57